新時代のプロバイダ

企業人の働き方が大きく変わるような、技術が最近話題になっています。
いわゆる、クラウドという技術です。このクラウドという技術は、ソフトウェア資産を企業内で持つことなく、必要なソフトウェアをインターネット上で使用するというものです。
これは、大変なことです。なにせ、会社にいなくても十分に働けてしまうという技術なのですから。

このように、インターネット上の技術は日進月歩の勢いで進んでいます。従って、従来通りのサービスしか提供できていない法人向けプロバイダは、変更するしかないようです。
従来通りの法人向けプロバイダのサービスとは、何なのかというと、それはインターネットの接続環境のみに変調したサービスのことです。
これからは、クラウド時代に適応した法人向けプロバイダに切り替える必要があります。この適応しているかどうかの証左になるのは、社内SNSとグループウェアです。

社内SNSとグループウェアは、ともに社内LANでなく、WEB上で運用するコミュニケーションツールです。
つまり、インターネットサービスを提供する法人向けプロバイダにとっては、提供しやすいサービスなのかもしれません。
このグループウェアと社内SNSの基本的な用途は、社内の社員同士のコミュニケーションの活発化です。

社内SNSは、砕けたコミュニケーションに使用して、グループウェアは、稟議や決済などの硬い用途に使いましょう。

世界と戦う力をあなたに法人向けプロバイダはオススメのこちらで!選ばれるのには理由があります。
業務をもっとスッキリと効率化させるためにプロジェクト管理をあなたの会社でもしっかりとすることが大切です。これでミスなしの業務が可能になります。
法人向けのワークフローの導入ならJ-MOTTO!詳しく知りたい方は是非お試しください。